仮想貨幣は実際どうなの?気晴らしで楽しむビットコイン

バーチャル通貨と呼ばれるものが日本で少し前にとある企業が巻き込まれた不祥事でニュース記事になった事がありました。以降は鎮静化しましたけれども、どうなったのか気になります。欠点ばかりを指摘する報道が目立っているようでしたけれども、実際の所、そこまで危険なものなのでしょう?仮想通貨は基本的に、僅かなお金を他国の様な所に24時間気ままに送る事が出来ると言う役割を念頭に生み出されたものと言われています。まさしく”現金代わり”と言えるもので、一例として遠距離に対し五百円分を送って、物品をメール便で送付して貰うような取引方式には最適と言えます。少額だけを銀行から振込んだとしたら、結局手数料の為に高くなってしまうものです。ですが仮想貨幣を賢く送金方法にすれば、以前には面倒だった仮想空間上の個人の売買や仲間間の支払い等も便利に出来ると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です